Welcome to HOCCS Home Pages
弊社に寄せられました「e-Govの電子申請における問い合わせ」や「社会保険労務士会支部研修会におけるお問い合わせ」を纏めてみました。
電子申請時における疑問点の解決にお役立ていただければ幸いです。
◆Q1
磁気媒体届書作成プログラムで、雇用保険資格取得届を作成する際、社会保険の「事業所整理記号」「事業所番号」の入力をしないで終了できない。この事業所は社会保険の適用事業所ではないのだが・・・。

◆A1
社会保険庁に確認したところ、「何らかの情報を入力してください」とのことでした。

◆Q2
クライアントモジュールのセットアップでエラーが発生するのだが・・・?

◆A2
JREが何らかの異常を起こしているようです。e-Govの「動作環境の確認ページ」(ご利用確認で「はい」ボタン、ステップ1より[確認する])で、推奨のJREとなっているかご確認ください。
何も表示されない場合は、JREをセットアップしてください。「推奨外のJAVA情報が検出されました」と表示された場合は、その表示されたJava環境を一旦削除してから、推奨のJREをセットアップしてください。
◆Q3
磁気媒体届書作成プログラムで作成した「雇用保険被保険者資格取得届」の控えを印刷したいのだが・・・?

◆A3
届書作成プログラムにおいて、作成された雇用保険関係の届書を印刷する機能はありません。また、E-Govにおいても、届書は添付ファイルとして送信するため、申請内容を印刷することができません。
そこで、何としてでも印刷を希望する場合は、作成されたcsvファイルをExcelで開きます。Excel画面に表示されれば、Excelの印刷機能で印刷できます。
この場合、注意すべき点は、決してこのファイルを保存しないことです。保存することで、申請データが壊されることがあります。

◆Q4
磁気媒体届書プログラムでデータを作成する際指定するFD通番は、連続していないとだめなの?

◆A4
社会保険庁の磁気媒体担当に確認しましたが、連続していなくとも受付はできるようですが、重複した場合は返戻されるそうです。このFD通番は管轄の社会保険事務所で管理されているため、情報が社会保険事務所に届き、担当者が確認してからの対応となりますので、結果が届くまでそれなりの時間がかかりますので注意が必要す。
なお、番号が連続せず空き番ができた場合は、申請手続きは可能ですが、管轄の社会保険事務所より問い合わせがあるかもしれない・・・とのことでした。

◆Q5
事務組合の場合、電子認証は何を使えばいいのか?

◆A5
厚生労働省に確認しましたところ、日本認証サービスなどで事務組合用の認証取得サービスがあるとのことです。これらの認証を取得するか、公的個人認証でもよいとのことでした。

◆Q6
JRE6を16から17へ更新したのだが、e-Govのメールアドレス入力から[次へ]ボタンで次画面へ移行するときエラーが発生する。回避方法は?

◆A7
JREの最新版を利用する場合の「Java実行環境の設定変更について」の記述が、e-Govの「システムを初めて利用する方」→「ステップ1」の「ステップ2」にあります。この設定変更は必須となっています。

◆Q8
E-Gov電子申請の動作環境について教えてください。

◆A8
Windows XP SP3
InternetExplorer7.0 推奨
InternetExplorer8.0 推奨
Windows Vista SP2
InternetExplorer7.0 推奨
InternetExplorer8.0 推奨
InternetExplorer9.0 推奨
Windows 7
InternetExplorer8.0 推奨
InternetExplorer9.0 推奨
※2014年1月時点において、Windows8/InternetExplorer10、11は、e-Gov電子申請システムの動作確認がとれておりません。

◆Q9
画面が切り替わるタイミングで次の警告が表示されるが・・・?
「アプリケーションのデジタル署名を検証できません。このアプリケーションを実行しますか?」

◆A9
信頼済みサイトへの登録を行うことで警告が表示されなくなります。

1.インターネットオプション
2.セキュリティタブ
3.信頼済みサイトを選択し「サイト」ボタンをクリック
4.このWebサイトをゾーンに追加する の入力に
http://shinsei.e-gov.go.jp
https://shinsei.e-gov.go.jp
上記2つをそれぞれ追加。
このとき、「このゾーンのサイトにはすべてサーバの確認(https:)を必要とする」のチェックは外した状態にしてください。
5.閉じる
6.OK でインターネットオプションを閉じる


◆Q10
◆添付ファイルのサイズについて教えてください。

◆A10
平成24年10月1日から電子申請時の添付ファイルの容量制限(300KB)が撤廃されました。
これにより申請データを含め5MBまでの電子申請が可能になり、300Kbに収まるように調整を行う必要が無くなりました。

◆Q11
操作途中で次のセキュリティ警告が表示されるが・・・?
「不明な発行者によるアプリケーションの実行は安全ではなくセキュリティ上のリスクが生じる可能性があるため、将来のリリースではブロックされます。」

◆A11
コード署名証明書の更新に伴い、e-Gov電子申請システムのご利用にあたっては、ご利用のブラウザに政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書が組み込まれていることが必要となります。
アプリケーション認証局2(Root)自己署名証明書のインストール方法については、マイクロソフト社より提供されている Windows Update 機能等により、自動的にアプリケーション認証局2の自己署名証明書のインストールが実行されます。

なお、何らかの原因で自動的にインストールされない場合は次のページをご参照ください。
http://www.gpki.go.jp/apca2/index.html

◆Q12
申請データ送信時に次のエラーが表示されるが・・・?
「The request URL was rejected. Please consult with your administrator.
Your support ID is:*******************」

◆A12
このエラーは添付ファイルが正常に読み取れなかった場合に発生するエラーです。
添付したファイルを再度作成し直すとエラーが解消される場合があります。

◆Q13
入力終了後のチェックで「指定可能な文字以外が指定されています」というエラーメッセージが表示される。

◆A13
e-Gov電子申請システムでは、環境依存文字(JIS第3水準漢字、第4水準漢字等)及び、機種依存文字(以下に代表的なものを記載)を正しく取り扱うことができません。
申請情報に外字が使われている場合、該当欄を内字に修正し、備考欄などにその旨を記載します。
(例)○○欄の「高は(ハシゴダカ)」等

次のe-Govページをご参照ください。
http://shinsei.e-gov.go.jp/manual/tips/error/01/index.html

使用可能な文字の一覧情報は、次のe-Govページ(PDF)をご参照ください。
http://shinsei.e-gov.go.jp/manual/tips/error/01/pdf/available_characters.pdf